自分と向き合うのは、簡単に済ませることができるわけではなく、ある程度時間がかかってしまうものです。特に忙しい社会人は日々の業務に追われてしまい、自分と向き合う間も無く時間が過ぎていってしまいます。

学生であれば長期休みを使ったり、休学をするなどしてある程度まとまった時間を取れるので旅に出たり何かに挑戦することができますが、社会人は仕事を休むわけにはいかないので、まとまった時間を取れるわけでもありません。

「このままでは良くない」と思っている社会人はどのように自分と向き合っていけば良いでしょうか。

今回は忙しい社会人が日々の生活を過ごしながら自分と向き合っていく方法について紹介していきます。

1.自分が受け取れる器を大きくする

多くの価値観や考え方に触れる

そのためには、時間をかけていろんな体験をするか、体験は少なくても一度にいろんなことを吸収できるようにするか、どちらかであると考えてみてください。

そう考えたときには、忙しい社会人であれば「体験は少なくても一度にいろんなことを吸収できるようにする」ほうが良いと思います。

そのためには、いろんなことを吸収できるように自分の受け取れる器を大きくする必要があります。ただ、これは必ずしも「器の大きい人間になろう」ということではありません。一般的に言われているような器の大きさも大事ですが、ここでいう器は「感性」と捉えてみてください。

器を大きくする=感性を高める

と考えるとわかりやすいのではないかと思います。

2.感性を高めるために自分の時間を使う

ということで、自分と向き合うために感性を高めていきましょう。自分と向き合いながら感性を高めると言っても良いかもしれません。

その感性を高めるためには、芸術に触れるのが効果的です。

例えば、絵画、建築、音楽、芸能、骨董、映画などなど、芸術と言われるものはたくさんあります。これらにできるだけ多く触れるようにしてみましょう。

休みの日には美術館に行ってみるのも良いですし、仕事が終わったら映画を見にいくのも良いでしょう。お笑いのライブやDVDを見るのもいいことです。

芸術の中にも自分なりに取っ付きやすいものがあると思うので、自分に合ったものからで構いません。

2-1.休みたい時こそ感性を高める

感性を高めるためにはプライベートの時間を使っていかなければいけませんが、休みの日くらい家で休みたいと思うかもしれません。しかし、それではいつまで経っても現場に変化は起きず、「このままでいいのかな」と一生考えて生きていかなければいけなくなります。

休みたい時だからこそ、感性を高めるために時間を使っていきましょう。それが将来的に自分のためにもなっていくのです。

2-2.時間を有効活用する

プライベートの時間を感性を高めるために使っていきたいですが、その時間は休日だけかというとそうではありません。日常の中でも時間を有効活用することで感性を高めることができます。

例えば、通勤時間はいかがでしょうか?

スマホに音楽を入れて聞いていけば、立派な音楽鑑賞になります。また、電車の中で座ることができるならゲームをやるのではなく読書をすることもできるでしょう。

忙しくて時間がないと思いがちですが、実は1日の中で無駄な時間を過ごしている時はたくさんあり、その時間を有効活用すれば感性を高めるために使うことができるのです。

3.客観的な情報やツールを使って自分と向き合う

自分自身の器を大きくして感性を高めるように努力することは欠かせませんが、自分だけの能力では限界があるのも事実です。なので、ときに客観的に自分のことがわかる人に話を聞くとか、ツールを使うことも必要になってくるでしょう。

例えば「占い」「運勢学」はその一つです。

占いや運勢学は、生年月日や血液型を元に自分がどんな人間かを導き出すものですが、それらは客観的に自分はどんな人間かを把握できるので、自分と向き合うときに役に立つツールになります。

ネットで無料で占いができるようなものは信憑性に欠けるものがありますが、書店にあるしっかりとした本を参考にしたり、お金を払って占い師に見てもえば、結構細かく自分のことがわかるようになります。

しっかりとした占い師であれば、自分がどのような理由で今の状況があるのか、というところまで教えてくれます。

数秘術、占星術、九星気学、四柱推命など、いろいろな運勢学がありますが、どれが良くてどれがダメとか決めつけないで、色々と試してみて自分が適していると思ったものをさらに深く調べてみると良いかもしれません。

3-1.意見を押し付ける人は避けたほうが良い

ただ、占いなどの客観的な情報やツールを参考にするときは、その情報を鵜呑みにしないように気をつけましょう。自分のことを言い当てられると信じ込んでしまいがちですが、洗脳しようとしてくる占い師もいるので、気をつけましょう。

そのときの一つの判断基準として、自分の意見を押し付けてくる占い師には気をつけたほうが良いです。「今の職場は気が悪いからやめるべき」「今の彼氏は別れるべき」のような意見の押し付けです。

世の中には絶対ということはありませんので、「~~べき」ということはないのです。

「今の職場は○○だから、転職も視野に入れてみたらどうか」「今の彼氏とうまくいっていないなら○○してみてはどうか」のように、提案型であれば、その提案を参考にする価値はあるでしょう。

効果的に使って、自分と向き合うきっかけにしてみてください。

工夫次第で自分と向き合える!

忙しいからと言って、自分と向き合えないわけではありません。時間をうまく使いながら、工夫をしながらできることをやっていきましょう。

僕の話になりますが、自分と向き合うことが必要になったときは、1ヶ月の休みが無いほど仕事が忙しくて時間を取るのが難しいときでした。

しかし、このままではいけないという思いのほうが強かったため、時間を見つけてできることをやっていきました。その結果、ある日突然、視界が開けて自分のあり方を確立することができたのです。

耐える時間が長く続くかもしれませんが、「自分とは何か」という答えを導けるときはやってきます。ぜひ諦めないで自分と向き合っていただければと思います。

性格まで詳しく当たる占いに出会うために

一般の方に馴染みが深い占いの1つに「星占い」がありますが、よく知られている12星座別の占いでは、正直細かいことまで占うことはできません。


あなたもご自身の星座は知っていると思いますが、みなさんがよくご存知の星座とは、「あなたが生まれた時に太陽があった場所」のことを示しており、これを太陽星座と呼びます。


実は、星占いにおいて太陽星座はごく一部の性格しか表すことができません。
こちらの図をご覧ください。

これは、ホロスコープといい、ある方の生まれた時の星の配置を示した図ですが、本格的な占いではこの図を見ていきながら太陽以外の星(月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星)を総合的に見ていきながら占っていきます。


例えば、恋愛運を知りたければ金星の配置を見て恋愛の傾向を占っていき、感情の表し方や気持ちの変化は月の配置を見て占っていきます。


もちろん恋愛運だけでなく、仕事運や人生の目的、人脈に恵まれるかどうかまで、細かい性格を占うことができるのです。


このように、たった1つしかないあなただけのホロスコープを見ながら、占い師はあなたの性格や人生で起きることを占います。


占いに半信半疑だった方も星占いをきっかけに信じるようになった方も多いですが、その理由はかなり細部まで自分の人生を知ることができて、実際に身に覚えのある結果が出るからでしょう。


星占いであなたの詳しい運勢を占ってもらうときにおすすめなのが「電話占い」です。中でも電話占いヴェルニは創業17年の老舗の安心感があり、単に占いの的中率だけを見るのではなく、お客様のことを思った占い師を厳選して採用しています。


今ならキャンペーンで最大5,000円分無料になるので、まずはこの特典を使って自分の一番知りたいことを占ってもらいましょう。


\ 最大5,000円(約20分)無料 /

ヴェルニで自分の人生を占ってもらう>>