振り返ってみると後悔ばかりの人生。後悔しかないから今まで自分がやってきたことに自信が持てず、これから生きていくのもどうなることやら、と不安な気持ちに押しつぶされそうになっているかもしれません。

僕自身もある時期までは後悔ばかりの人生でした。

「あのときこうやっておけば良かったな」
「もっと彼女に優しくしておけば良かったな」

振り返ればいくらでも後悔する出来事が思い出されます。

しかし、ある考え方を身につけてから自分の人生に後悔することはなくなりました。根幹がしっかりとできたからこそ、自分の考え方にブレがなくなったのだと思います。

今回は、そんな後悔ばかりの人生を一転させる考え方を紹介していきます。

結論を言うと、この考え方だけあれば人生は後悔しなくなる。というわけではありません。しかし、この考え方がなければ、この先も後悔する人生が待っていることは間違いないでしょう。

自分の人生に悩まれてる方、ぜひ参考にしていただければと思います。

1. 後悔ばかりの人生の原因

まず、なぜ後悔ばかりの人生を送ってしまっているのかを考えたいと思います。あなたなりの後悔があると思うので、「後悔」という言葉の定義は特に触れませんが、簡単に言えば過去に起きた出来事を後から悔やむこと、と言えるのではないかと思います。

要は、自分が取った行動に納得がいかないわけです。

この納得がいくかいかないか、というのがポイントで、たとえ失敗に終わったとしても自分自身で納得ができる出来事は「まあ仕方ない」という気持ちになるはずです。

つまり、後悔ばかりの人生の原因は、過去の出来事に自分自身が納得できていないから、いつまでも引きずって悔やんでしまうことになります。

1-1. 後悔しないためには「自分が納得できる生き方」をする

人生にはあらゆる選択が迫ってきます。大きな出来事でいうと「受験」「就職」「結婚」「出産」「家を買う」などがあり、日々の小さな出来事でいうと「夕飯の献立」「コンビニで買う飲み物」「仕事をやる順番」など、例に挙げきれないほど毎日選択をしています。

これらの一つひとつの選択を納得できるかどうか、もっと言えば、すべて納得のいく選択ができている生き方かどうか。自分と向き合って確認してみましょう。

2. 後悔ばかりの人生を一転させる考え方

後悔ばかりの人生から絶つためには「自分の納得できる生き方をする」ことが必須になりますが、そうは言っても全部を納得させるのは簡単ではありません。

ですが、まず全ての考え方の軸として、

「全ては自分の責任」

という意識を持って生きていくようにしましょう。何が起きても全ては自分の責任です。

この考え方を持てるようになると、一つひとつ納得がいく選択ができるようになります。何かに失敗したとしても「自分が決めたんだから仕方ない」と納得することができます。

2-1. 全てを他人の責任にしてしまうと…

全ては自分の責任にするとは一体どういうことでしょうか?僕の体験した例なども紹介していきながら解説していきたいと思いますが、後悔ポイントとして多くの人が経験いしているのは「受験」「就職」「結婚(恋愛)」などではないでしょうか。

受験

ここで言う受験は「大学受験」にしましょう。大学受験に後悔していたり、行く大学を後悔したり、日本の大学生は後悔をしている人が非常に多いように思えます。

日本の義務教育は中学までで終わるので、大学は別に行かなくても良いところなのですが、なぜか大学に行って就職するところまでセットになって考えられている節があります。

この傾向は「大学に行って就職して将来安定」というような昭和の価値観に根付いているのだとは思いますが、この考え方が果たして正解なのか?と疑問に思っている方も増えていると思います。

別に大学に行っても将来安定ではない

周りに流されてとりあえず大学に行ったことに後悔

簡単にまとめるとこのような流れでしょう。

つまり自分の意思で大学に行っていない人が多いということ。「みんな大学に行くから」「親が大学に行けって言うから」「先生が大学に行かないともったいないと言うから」これでは納得ができないし後悔してしまうのも無理ありません。

そして、

「あの時、親が大学に行けと言ったから…」

と自分以外に責任を押し付けてしまいがちです。自分で選択をしていない上に責任を外部に押し付けていれば、後悔ばかりの人生から抜け出すことができません。

就職

就職に関しては「学生が終わったら社会人にならなければいけない」という現代社会における常識的な考え方があるので、これに反するのは相当な体力と精神力が必要になります。

自分の意思では社会人になりたくないけれど、みんなが社会人になっているから、自分も就職しないといけない。これも紛れもなく、のちに後悔につながる考え方になってしまいます。

しかし、「みんな就職しているから仕方ない」と思えるのであれば問題ありません。ここで重要なのは「どんな気持ちで企業を選んだか」ということです。

今の時代は就職の考え方も変化して「やりがい」「自分を生かせる仕事」「自分に合っている働き方」というように企業の選び方が自分発になっているので、これは良い考え方です。

しかし、一般に言われているような「大企業」「福利厚生が良い」「ホワイト企業」という視点で企業を選んでしまった場合、これは外部の価値観が判断材料になってしまい、自分の意思とは異なります。

自分の責任でホワイト企業を選択した、のかもしれませんが、その選択の判断材料が自分の責任とはかけ離れているので、「景気が悪かった」「政府が悪い」というように外部に責任を投げてしまいます。

このような選択ものちに後悔を呼んでしまいがちです。

2-2. 自分の選択が間違っていることもある?

人間なので、その時々の選択が間違ってしまうことがあります。「自分はやりがいを求めてこの企業に就職したのに、全然やりがいがない」というようなこともザラにあります。

このような場合も「やりがいがある仕事をやらせてくれない会社のせい」にするのではなく、自分自身に責任があると考えます。

選択を間違ったということは、つまり、“自分に見る目がなかった”訳です。

見る目を養うために勉強をやったり感性を磨いたり、いろんな価値観に触れてこなかった自分に責任があるのです。

3. 後悔ばかりの人生から抜け出すために立ち上がろう!

ここまで多少厳しいことを言っているかもしれません。厳しいかもしれませんが、後悔せずに自分の人生を生きている人は例外なく全ての出来事に責任を持って生きています。

そうとは言え、もちろん自分の責任に負えない出来事もありますし、責任を負いたくないことも逃げ出したくなることもあります。

ただここにもカラクリがあって、全てをの小さな身体で請け負う必要はありません。全ては自分の責任ですが、その責任は大いなる宇宙と分かち合うことで自分の負担を軽減することができます。

これまでの話だけでは「自己啓発」の領域でなんとかなりますが、それだけではさすがに負担が大きすぎます。

ここにスピリチュアルな要素を取り入れることで責任に対しての負担が少なくなり、人生がより豊かになっていきます。

「大いなる宇宙と責任を分かち合う」という考え方は、改めて記事で紹介していきますので、乞うご期待。

とは言え、順番は「全ては自分の責任」という考えを自分に導入して、それをこの世の中で実行することからスタートです。今まで後悔ばかりの人生だろうが関係ありません。僕がそうであったように「ここからの人生」を後悔しないように自分の納得がいく生き方をしていきましょう。

まずは小さなことからスタートです。日々の出来事を細分化して、他人に任せていた選択を自分でできるように練習していきます。最初は自分で動かせる範囲は限られるかもしれませんが、やっていくうちに自分でコントロールできる範囲が広がっていきます。

後悔ばかりの人生を抜け出すために、小さな一歩を踏み出していきましょう。

私がおすすめする電話占いランキング
電話占い「ヴェルニ」
創業13年、老舗の安心感で人気No. 1

ヴェルニは創業13年で電話占い界では老舗の占いサービスです。全国にいる有名占い師が在籍しており、登録占い師の数は330人。

あなたと相性が合う占い師も見つかりやすいです。通話料完全無料でWEB登録で最大2,500円分の割引を受けることができます。

無料特典:最大13分無料

 

運命開花の電話占い「ウィル」
とにかく「当たる」をウリにしている実力派電話占い
電話占いウィルは、東京都心の渋谷・新宿・池袋に実店舗も構える抜群の信頼度で人気が高い電話占いです。お客様による口コミ投稿も充実しており、自分で評価を見て占い師を選ぶことができます。電話での占いということで不安でなかなか勇気が出ないという方がいるなかで、実店舗や口コミなどリアルが充実していることが、人気の秘訣と言えるでしょう。
特典:13分鑑定無料(3,000円分)

 

電話占い「ディスティーニ」
口コミ満足度No. 1!安く手軽に占いしたい方におすすめ
全国の30代~50代の占いに興味がある女性1098名を対象にしたアンケートで、サイトの見やすさや口コミの多さで満足度No. 1に輝いた評価の高い電話占いです。他者電話占いに比べると鑑定料も安く、手軽に占って欲しい時に利用する方が多いようです。深刻な悩みではなく、迷いごと、困りごとがある方におすすめです!
特典:鑑定10分無料